Institute of Volcanology and Seismology FEB RAS Repository
IVS FEB RAS
Поиск
Browse
IVS FEB RAS Items
Statistics
Instruction
Links

カムチャツカ半島北部, 火山フロントの海溝側に分布する未分化な単成火山群の岩 石学的研究

西澤 達治, Churikova Tatiana, Gordeychik Boris, 石塚 治, 中村 仁美, 岩森 光 (2014) カムチャツカ半島北部, 火山フロントの海溝側に分布する未分化な単成火山群の岩 石学的研究 // Japan Geoscience Union Meeting, 28 April -2 May 2014, Pacifico Yokohama, Kanagawa, Japan. Pacifico Yokohama, Kanagawa, Japan: Japan Geoscience Union. pp. SVC54-02.

[img]
Preview
Text
Nishizawa_2014 JPGU JP.pdf

Download (115kB) | Preview

Official URL: http://www2.jpgu.org/meeting/2014/session/PDF/S-VC...

Abstract

太平洋プレートの西部は、千島-カムチャツカ海溝からオホーツクプレート下に沈み込んでおり、北部はアリューシャ ン海溝からベーリング海プレート下に斜めに沈み込んでいる。両者はカムチャツカ半島中部で交わり、三重会合点を形 成している(Eichelberger et al., 2013)。太平洋プレートの北端はトランスフォーム断層になっており、マントルウェッジ が北(ベーリング海方向)に向かって開いていると予想される。 カムチャツカ半島には少なくとも29 の活火山が分布する。中央部は、北東―南西方向に長軸をもつ大地溝帯Central Kamchatka Depression(CKD) で大きく分けられ、CKD に集中する火山(例えばKluchevskaya Group, KG)と、CKD より 海溝側(Eastern Volcanic Front, EVF)と背孤側(Sredinny Ridge, SR)にも火山があり、3 つの火山列があると考えられ ている。 EVF は北緯55 度付近(Kizimen 火山)を北端とし、スラブ上面の等深線とともに西に折れ曲がり、KG に続くようにも 見える。しかし、EVF 北方延長上の、Kumuroch 山地にも単成火山群があることが、少なくとも1960 年代に確認されて いる(Fedorenko., 1969)。地震面の観測や重力観測から推定された直下のスラブ深度は約60km(Gorbatov et al., 1997)、地殻の厚さは約25-30km である(Park et al., 2002)。先行研究によると、それらの火山岩はカンラン石含有玄武岩―安山 岩であり、高いMgO 含有量(~11.8wt%)と低いFeO/MgO 比(1 以下)を示す(Uspensky and Shapiro., 1984)。我々は、航空写真の立体視から、Kumuroch 山地に海溝に沿って南北50km の間に15 個の単成火山(ここではEast Cone 火山群、EC と呼ぶ)を確認し、ヘリコプターによる調査を行った。 本研究では、EC のうち、8 火山の溶岩ブロックから採取した火山岩の薄片観察・岩石記載・全岩化学組成分析を行っ た。得られた火山岩試料16 個はほとんどが新鮮な玄武岩、玄武岩質安山岩であり、その内2 つは捕獲岩を含み、1 つは 赤色酸化している。含まれる鉱物組み合わせは、カンラン石、単斜輝石、斜長石、不透明鉱物であり、火山ごとに鉱物の 割合が異なる。試料の全岩化学組成はいずれも玄武岩~玄武岩質安山岩のシリカ含有量を持ち、FeO/MgO は全て2 以下 であり、比較的未分化な性質を示す。 MgO 含有量は、同程度のシリカ量を持つ典型的な島弧火山玄武岩と比較すると、4wt%程度高く、これはCKD に分布す る火山の玄武岩質溶岩と似た特徴を示し、高Mg 安山岩に類似する、もしくは分類される。高Mg 安山岩は、マントルの 比較的水を多く含む条件での溶融(例えば、H2O 不飽和条件下では1.0GPa, 1100-1250 ℃、H2O 飽和条件下では1.5GPa, 1030-1150 ℃)で生じると考えられている(巽., 1995; 2003)。 薄片観察ではEC の溶岩中に斜方輝石はほとんど見られない、一方でKG に産する溶岩には斜方輝石が含まれており (Churikova et al., 2013)、当地域のBezymianny 火山の捕獲岩はスピネルハルツバージャイトとの報告がある(Ionov et al., 2013)。これらは、ソースマントルの鉱物構成、ソースマントルのH2O 量、生じたマグマ中のH2O 量と斑晶晶出温度・圧力条件のいずれか、もしくはそれらの組み合わせに、地域的な違いがあることを示唆する。 EC 単成火山群の成因を他の地域と対比させながら明らかにすることで、特異なテクトニクス場でのマグマ生成につい て、より明確な制約が課せられると期待される。
Item Type: Conference Item (Thesis)
Title: カムチャツカ半島北部, 火山フロントの海溝側に分布する未分化な単成火山群の岩 石学的研究
Title (translation): Petrological study of monogenetic volcanoes in the fore-arc region of the northern Kamchatka Peninsula
Language: Japanese
Subjects: State scientific and technical information rubricator (ГРНТИ) > 38 ГЕОЛОГИЯ > 38.33 Геохимия > 38.33.15 Геохимия отдельных элементов
Depositing User: снс Татьяна Чурикова
Date Deposited: 27 Jun 2017 12:54
Last Modified: 27 Jun 2017 12:54
URI: http://repo.kscnet.ru/id/eprint/3037

Actions (login required)

View Item View Item